第11回歌麿まつり開催のお知らせ

※歌麿道中の開催時間が変更になりました。
詳しくは「歌麿道中」時間変更のお知らせをご覧ください。

今年で11回目となる「歌麿まつり」では、「歌麿を活かしたまちづくり協議会」が企画・運営し、市内各所で歌麿関連イベントを開催します。

詳細はこちら

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスク着用・こまめな手指消毒・密の回避にご協力ください。

「歌麿を活かしたまちづくり協議会」(歌協)とは

「歌麿と栃木」をキーワードに、江戸時代の浮世絵師 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ)を蔵の街のまちづくりに活用しようと2016年5月に立ち上げた団体です。

毎秋の「歌麿まつり」を軸に、
栃木来訪者に“いつ来ても歌麿に会える街”の提供を目指して活動しております。

協議会設立総会の様子

会員募集

歌協の活動について

歌麿まつり

「歌麿まつり」は、栃木市ゆかりの浮世絵師 喜多川歌麿にちなんだイベントです。

■歌麿道中

「歌麿まつり」のメインイベントとなっているのが、巴波川沿いや蔵の街大通りに華やかな花魁が登場する「歌麿道中」。

歌麿が描いた江戸情緒を再現しようと、公募で選ばれた参加者が花魁などに扮し船に乗って巴波川を行き来した後、蔵の街一帯を練り歩きます。

「歌麿まつり」では、歌麿道中の他にも歌麿と栃木の関わりを知っていただくために、家族で参加できる楽しいイベントや研究発表など、さまざまな催しを用意しています。

H30年度「歌麿まつり」開催時のチラシ
平成30年(2018年)第8回歌麿まつり歌麿道中

歌麿道中記録映像

動画内容:H30歌麿道中in栃木2018ダイジェスト版
動画再生時間:3分28秒
・画面の▶︎をクリックすると、再生されます。

■歌麿夢芝居
江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿の人となりと栃木との関わりを、演劇を通じて市内外に知ってもらおうと、『歌麿夢芝居』を2016年から上演しています。

英語字幕を同時上映

歌麿夢芝居記録映像

動画内容:2020年2月歌麿夢芝居 恋しや恋し母子草 深川の巻 ダイジェスト版
動画再生時間:9分10秒
・画面の▶︎をクリックすると、再生されます。

蔵ミュゼ

蔵ミュゼは、「栃木市散策ガイド~蔵ミュゼ~」というスマートフォンのアプリケーションです。
歌麿ゆかりの地についての音声ガイドを聞くことが出来ます。

QRコードを読み込んでください

・音声を聞くためにはまずグーグルプレイまたはアップルストアで「栃木市散策ガイド~蔵ミュゼ~」というアプリをダウンロードしていただく必要がございます。
・上記QRコードはそのアプリのダウンロード画面へ誘導するものです。
操作方法についてはアプリの中で操作方法の閲覧が可能です。
・各場所の音声ガイドは散策中に現地の歌麿ゆかりの地の看板に連動したビーコンが設置してあるため、その近くでアプリを起動するか、現地に行かない場合はアプリ内の番号入力欄で場所の番号を入力しますと聞くことができます。

歌麿通信vol1 (2018年発行)

歌麿通信を読む↓

>を押すとページがめくれます。メニューのFull Screenマークを押すと全画面表示になります

栃木ゆかりの作品

歌麿と栃木ゆかりの作品

江戸中後期に名をはせた浮世絵師 喜多川歌麿、その名は世界レベルです。

特に美人画浮世絵師としての名声を支えた画力は、他の浮世絵師の追随を許しません。

その歌麿が栃木と深い関係を持った、栃木ゆかりの絵師であったという史実は案外知られていません。

歌麿と栃木をつなぐ大作「雪」「月」「花」三幅が栃木と歌麿の関係を物語っています。

栃木ゆかりの作品はこちら

喜多川歌麿「女達磨図」(栃木市立美術館蔵)

歌麿と栃木について

栃木は喜多川歌麿ゆかりの地。
歌麿が、江戸以外にただ一つゆかりをもつ地が、ここ栃木です。

知る人ぞ知る歌麿ですが、彼の生涯には謎が多く、生まれた年や場所もはっきりしていません。

はたして、歌麿はこの地に生を受けたのか。

あるいはこの地で幼少を過ごしたのか。

歌麿はこの地で悩み、あの大作を描き上げたのか。

夢はふくらみ、謎は深まります。

歌麿と栃木についてはこちら

喜多川歌麿と栃木のゆかりを中心とした文化情報を発信するため、蔵の街大通り周辺には、歌麿の資料などを展示している「とちぎ歌麿館」があります。歌麿の複製画を中心に展示しています。

●とちぎ歌麿館 

とちぎ歌麿館についてはこちら

とちぎ歌麿館
とちぎ歌麿館

歌協参加メンバー(団体)

歌協の組織

参加する17の団体で歌協役員会を構成、「まちづくり部会」(歌麿を活かしたまちづくりの企画)、「研修部会」(史実の発掘調査・研究から歌麿に接近)、「広報部会」(歌協の活動を内外に発信)、「歌麿まつり部会」歌麿まつりの企画・運営)の四つの部会があり、それぞれ活動しています。

▶︎栃木市観光協会

▶︎蔵の街花火大会実行委員会

▶︎栃木市商店会連合会

▶︎幸来橋の会

▶︎栃木語り部の会

▶︎栃木文化会館

▶︎栃木おやこ劇場

リンク

お問い合わせ:歌麿を活かしたまちづくり協議会事務局
お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォームはこちら 

更新日:

Copyright© 歌麿を活かしたまちづくり協議会(栃木市)【公式ホームページ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.