歌麿と栃木について

江戸時代、栃木の街は巴波川(うずまがわ)の舟運で、米、酒、醤油、材木などをあつかう商業都市として繁栄しました。

有力商人は栃木と江戸、両地に屋敷を構えていました。 

この地には、江戸の経済人、文化人と積極的に交流していた記録が今も残されています。

歌麿もそのなかの一人だったのでしょう。

「歌麿と栃木散策絵図」より抜粋

神明宮
栃木の地名はこの宮からとの発祥説がある。

歌麿と同時期の江戸の文化人亀田鵬斎の石灯籠が境内に。
奉献者名には栃木の商人たちの名が。

石灯籠

歌麿と栃木の狂歌師の接点

江戸に狂歌の文化が花開いた天明・寛政の時代。
当時の江戸の狂歌本には数多くの栃木の狂歌師の名が残ります。

そして歌麿自身も「筆綾丸」の名で狂歌をたしなみました。

狂歌の絆は、栃木と江戸と歌麿の心を結んだ、
そんな想像もふくらみます。

「歌麿と栃木散策絵図」より抜粋

更新日:

Copyright© 歌麿を活かしたまちづくり協議会(栃木市)【公式ホームページ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.