歌協の活動について

歌麿まつり

「歌麿まつり」は、栃木市ゆかりの浮世絵師 喜多川歌麿にちなんだイベントです。

■歌麿道中

「歌麿まつり」のメインイベントとなっているのが、巴波川沿いや蔵の街大通りに華やかな花魁が登場する「歌麿道中」。

歌麿が描いた江戸情緒を再現しようと、公募で選ばれた参加者が花魁などに扮し船に乗って巴波川を行き来した後、蔵の街一帯を練り歩きます。

「歌麿まつり」では、歌麿道中の他にも歌麿と栃木の関わりを知っていただくために、家族で参加できる楽しいイベントや研究発表など、さまざまな催しを用意しています。

令和4年(2022年)第11回歌麿まつり歌麿道中

■歌麿夢芝居
江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿の人となりと栃木との関わりを、演劇を通じて市内外に知ってもらおうと、『歌麿夢芝居』を2016年から上演しています。

英語字幕を同時上映

歌麿夢芝居記録映像

動画内容:2020年2月歌麿夢芝居 恋しや恋し母子草 深川の巻 ダイジェスト版
動画再生時間:9分10秒
・画面の▶︎をクリックすると、再生されます。

投稿日:

Copyright© 歌麿を活かしたまちづくり協議会(栃木市)【公式ホームページ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.