歌麿と栃木散策絵図

歌麿と栃木散策絵図がダウンロードできます。
PDFボタンで開きダウンロードしてください。

歌麿と栃木散策絵図 表
歌麿と栃木散策絵図 裏

肉筆画の大作 三幅「雪」「月」「花」

明治12年(1879年)、市内 の定願寺 (じょうがんじ)で三幅が展示された記録が残ります。
所蔵者は善野伊兵衛 (屋号:釜伊)といわれています。
通称 「雪」「月」「花」 と呼ばれる作品の 「月」、「花」はアメリカの二つの美術館が現在所蔵。「雪」は箱根町の岡田美術館の収蔵となっています。
この三幅がいつ描かれたのか、栃木で描かれたのか、江戸で描かれたのか、謎は残ります。

「歌麿と栃木散策絵図」より抜粋

栃木で発見された貴重な肉筆画

大作「雪」「月」「花」の三幅は 現在、栃木市を離れている。
しかし、数少ない歌麿肉筆画の中で、「女達磨図」 「鐘馗図」「三福神の相撲図」の肉筆画3点を栃木市立美術館が所蔵。

歌麿が栃木滞在中に商人の依頼に応じて筆をとったもの、と推察されている。

「歌麿と栃木散策絵図」より抜粋 「三福神の相撲図」、「鐘馗図」は現在 栃木市立美術館蔵

更新日:

Copyright© 歌麿を活かしたまちづくり協議会(栃木市)【公式ホームページ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.